Type A

Consulting

膨大な実験データや解析データは、今ではバイオインフォマティシャンと呼ばれるデータ解析・処理の専門性を持った方々のためだけのものではありません。ウェット(wet)ラボとドライ(dry)ラボを問わず、気軽に利用することで今以上に創薬を加速させることが可能です。当社では各種ツールを用いて徹底した秘密保持に基づき、創薬研究や医療研究の問題解決と研究者の支援に取り組んでいます。